銀行系おまとめローンを探しています。審査が甘いのはどこかしら

銀行系おまとめローンを探しています。審査が甘いのはどこかしら

返済に困窮しているというほどではありませんが、金融業者毎に引き落とし日が異なっており、また返済の手続きがそれぞれになってしまっています。銀行系のおまとめローンを利用したいと考えています。審査が厳しいと言われるようなカードローンの申し込みは気が引けます。審査が少しでも通りやすい銀行系カードローンはどこでしょうか。

ネット銀行系のカードローンをおすすめします

借入の返済は以外と日々の生活パターンの負担になるものです。祝祭日や土日を挟んだり、オンラインシステムが確実に稼働しているかどうかなど、様々な事故の可能性を排除しきれるものではないからです。また、たまたま返済できる場所が遠かったりすると、天候の問題も関わってくるでしょう。もっともそんなことを言っていると金融業者さんから怒られてしまうでしょうけど。

返済が経済的な問題を抱えていないのであれば、まとめローンを利用して返済のタイミングを整理することでそのような様々な不定な要因を生活から排除できるので、精神的な負担は相当程度軽減できることが期待できます。何日かに一回にだけの問題に還元できるからです。

一般的にまとめローンは借入金額が大きくなりがちです。借入限度額の設定が十分あるところを選ばなければならないでしょう。でも借入限度額は金融業者の提案だけで決定することができません。総量規制という決まりがあるからですね。年収を基準にして1/3までに借入は制限されてしまいます。

ですから、総量規制がない銀行系カードローンを選ばれるということは賢明な選択であるといえるでしょう。それでも銀行系であれば万事大丈夫とは行かないものです。概ね銀行系カードローンは審査が厳しいということになっているからです。

ただし、まとめローンを利用する際に気を付けたいことは、金利の扱いです。金利分を清算せずに、どうせだからと金利も含めてまとめローンに組込んでしまうと、その金利はさらに金利を生み出すという複利計算になってしまうのです。ですから余分な金利を払っていないかということも含めてしっかりと事前に検討する必要があるでしょう。

審査がいくらかでも甘い銀行系カードローンを見分けるコツは、申し込み条件にあります。新規顧客を獲得することに意欲がある銀行であれば、当然申し込み条件も少なくなるはずです。その結果として審査も多少は甘くなる傾向があるからです。

そのような銀行系カードローンはネット銀行などで見受けられるようです。人によってはネット銀行戦国時代などと呼んでいるようにネット銀行は新規顧客獲得競争の時代を迎えているのです。ですから、既に固定客層を掴んでいる老舗の銀行よりも条件が有利に働くことが期待できるでしょう。

それについで、地方銀行が提供しているおまとめローンも狙い目としてピックアップすることが可能です。一般に都市銀行やメガバンクよりも審査が甘いと言われています。それは地方銀行が地元に密着した顧客獲得が絶えず課題になっているからにほかなりません。当然サービスを受けられるかどうかは居住地域と大きな関係がありますので注意が必要です。

あるいは、総量規制がない消費者金融を選択する方法も一考の価値があります。銀行がブランドする大手のキャッシングサービスの中には、消費者金融ではなく銀行業務の一環として営業している業者が存在します。そのような業者を選べば、銀行並みの金利、消費者金融並みの審査を期待できるでしょう。

銀行のキャッシングの審査は甘いようになっている

銀行のキャッシングの審査は非常に甘いです。銀行が提供する他の融資のサービスと異なって非常に借りやすくなっているのです。基本的に、銀行は大型のローンしか提供しない性質があり、これは個人に対する融資であっても例外ではありません。住宅ローンなどはその典型で、融資を受けるためには難しい審査を通らなくてはいけないのです。

しかし、銀行が提供している少額融資のサービスのキャッシングの審査は非常に通りやすいのです。元々多くの人にお金を貸すためにこのサービスが作られましたので、難しい条件が用意されておらず簡易的な手段によって文字通り誰でもお金を借りることが出来るように考えられて提供されています。

では、なぜ大型のローンしか提供していない銀行がこのような少額融資のサービスを提供しているのかと言うと、実は提供している会社が異なっているからなのです。キャッシングを提供している企業の事を消費者金融と言いますが、これは大手の金融機関であっても例外ではありません。ただ、子会社として経営を行なっているわけです。

消費者金融というのは個人に対する融資を特化したサービスを提供している金融機関の事を指し、キャッシングはその典型的なサービスになっています。大手の金融機関がこのサービスを提供するときには主にカードローンなどを利用することによってお金を借りることが出来るのですが、お金を借りるときの基準は他の消費者金融と全く変わりません。

大手の金融機関の傘下に入って経営を行なっているからと言って融資の条件が厳しくなっていることもなく、少額融資に関する融資の基準に則って低金利でお金を貸してくれるようになっているわけです。このようにすることで、大手の金融機関が提供する大型のローンとの差別化を図る事を目的としています。

ですので、信用性の高い銀行だからと言って融資の条件が厳しくなることはまずありません。安心して誰でも申請をすることができるのです。