大手の消費者金融で断られました。審査のゆるいところを教えて

大手の消費者金融で断られました。審査のゆるいところを教えて

大手の消費者金融であれば安心だと思い、キャッシングを申し込みましたが残念なことに断られてしまいました。それまでキャッシング等、消費者金融を利用したことがないので意味がわかりませんが、困ります。どうすれば良いでしょうか。危なくなくて審査のゆるいところが他にあるでしょうか。

審査がゆるい中小消費者金融でも安全なキャッシングは可能

人それぞれに事情と言うものがあります。かつてブラックになってしまった人たち。この人たちがすべて意図的にブラックになってしまったとは限りません。知らずにブラックになってしまう人は意外と多いのです。例えば自動引き落としになっている公共料金の引き落としが失敗した、携帯電話の支払いが遅れてしまったといった事情でも場合によってはブラックになります。

幾つかの金融機関から借りてしまっている多重債務者という場合も新たにキャッシングすることは難しいことが多いです。収入が実際どれくらい多いのかということは、収入証明書類を精査しなければわかりません。しかし、借入をしている状況はコンピュータに一目瞭然なのです。このことから収入の多さにかかわらず、多重債務者は敬遠されがちになるのです。

あるいは完全に自己破産してしまった人。自己破産したからといって、その後の人生が経済的な特権を持つことはありませんからキャッシングの必要に出会うことは十分あり得ます。でも、消費者金融と言えど慈善事業ではありませんから、過去の自己破産の経歴はリスク以外の何モノでもないのです。

職業に貴賤なしとはいいますが、実際にキャッシング等のサービスを受けるためには、「安定した」収入を返済原資として持っていることが重要です。つまり「安定した」収入とは看做されない職業がいくつかあるということを知っておいて下さい。一般に給与が歩合制ベースの職業は難しいといわれています。

そして消費者金融業者であれ、企業毎にやっぱり独自の審査基準をもっていることになります。大手は多くの申し込みに対して出来る限り画一的なサービスを提供することが身上です。そのためにコンピュータを用いた融資審査が標準的になっており申込者の状況の違いはこぼれ落ちてしまう傾向があると言えます。

かつて、ヤミ金という言葉と同時に違法な貸金業者が社会問題になりインパクトをもって私たちの印象に刻み込まれてしまいました。その結果、大手以外の消費者金融すべてがヤミ金と同じではないかという憶測を生み出しているのではないでしょうか。

ヤミ金とは、銀行以外で貸金業者として登録していない違法な消費者金融のことを指します。貸金業法では金利の上限を定めており、このことによって大手の消費者金融であれ、その他の消費者金融であれ金利面では大差がつかないようになっています。

中小の消費者金融では、コンピュータによる画一的な融資審査だけではなく対面審査によって顧客の状況、人柄も含めて審査をするところも多いようです。ですから、審査の状況等も担当者との対話の中で推し量ることができるというメリットもあります。

そのような優良な中小金融業者であれば、キャッシンクグに対する金利の設定をきちんと掲げていますし、貸金業登録番号を持っているものです。貸金業登録番号は地元密着の消費者金融であれば、都道府県の知事による番号が与えられているはずですから、これで見分けることができます。

貸付け条件等を冷精に判断して、消費者金融を選ぶことはもちろんですが、当然無理なキャッシングにはさまざまな危険が付きまといます。ですからご自身の状況を冷静に判断してキャッシング利用が何よりも大切なことであるということをお忘れにならないようにお願いしたいと思います。

審査のゆるいキャッシングの消費者金融は多く存在する

審査のゆるいキャッシングを提供している消費者金融は多く存在しています。なぜかと言うと、そもそもキャッシングの審査基準というのはどのような会社であっても厳しくなっていないのが普通だからです。キャッシングと言うのは、一般の消費者に対して考えられたサービスですので、借りやすくする事を第一に作られている傾向にあるのです。

消費者金融というのは、消費者に対する金融機関だから略して消費者金融と言います。消費者に対してお金を貸すことではじめて自身の利益も得ることが出来ますので、消費者に対して厳しい審査を強いるのは本末転倒だといわざるを得ません。だからこそ、必ず審査はゆるくなっているわけです。

では、具体的にはどのような審査が行われるのかと言うと、ほとんどが口頭の審査が採用されています。キャッシングは簡易的なサービスですので、全国どこにいても利用することが出来るような環境を整えなくてはいけません。街角に契約機が置かれていることからも分かるとおり、機械で契約できるくらいのわかりやすい審査でないと駄目なのです。

例えば、本来銀行などの大手の金融機関が提供する大型のローンなどでは、絶対に所得に関する証明書類が必要になります。なぜかと言うと、多額のお金を扱うために返済できるだけの能力が消費者に求められるからです。だからこそ、わざわざ書類を用意させてその安全性を確認するのです。

しかし、キャッシングと言うのは元々大きなお金を貸すわけではありませんので、一定に収入さえ得ていることがわかれば簡単に返済することが出来る状況になっているのです。そのため、書類を提出させなくても口頭の確認によって審査を済ませることが可能になぅているわけです。事実、所得の証明は在籍確認と言う口頭の確認が採用されています。

このように、キャッシングの審査では必ずゆるい審査が採用されており、この点においてはどこの金融機関でもあまり変わりはありません。非常に利用しやすいのです。