旦那に内緒で専業主婦が消費者金融を利用するノウハウを教えて

旦那に内緒で専業主婦が消費者金融を利用するノウハウを教えて

親しくしている友人たちは専業主婦でも消費者金融のキャッシングを上手く利用しているようです。もちろん、旦那さんたちには知られていないようです。専業主婦が消費者金融を利用するノウハウがあるのですか?何かコツのようなものがあるのでしょうか?

クレジットヒストリーを上手く活用して賢く利用しましょう

今の時代、専業主婦と言ってもさまざまな社会活動をこなしていらっしゃいます。当然それらに経済活動も含まれてくるでしょうし、そんなことをいちいち、旦那さんに了解を得なければならないなどという考え方も既に古色蒼然といった感じかも知れません。

専業主婦であっても、パート・アルバイト等をしていらっしゃる方は少なくありません。そして本人に安定した収入があるなら何も問題はなくキャッシングに応じてくれるカードローンが見つかるでしょう。その際に気を付けたいのは自宅に送られてくるかもしれない郵便物。これらの郵便物が旦那さんに見つかることでカードローンやキャッシングの事実がばれてしまうことがあります。

ですから、郵便による送付がないカードローンが条件になってきます。ローンカードを店頭で受け取るようにする他、必要書類を郵送以外の方法でやりとりしてくれる金融業者があります。あるいはお持ちの銀行口座に振り込むことによってキャッシングしてもらえる消費者金融もあります。

本当の専業主婦の場合、つまり自分の収入がない場合、配偶者の安定した継続的な収入がカードローン契約の条件になっているものがあります。銀行系のそのようなカードローンであれば、銀行の口座を用意しているだけにしか見えません。しかも来店・郵送不要というWEB完結申し込みを提供しているので、ここであればメール等インターネットを使うことになりますので、ご主人に内緒にするには都合がよいでしょう。

気をつけたいことは、「収入証明書」です。ご自身のものにせよ、ご主人のものにせよ、「収入証明」書類が求められると手続きが煩雑になりがちです。ですからカードローン申し込み先を選ぶに当たって、「収入証明」書類を必要としない限度額を確認するようにしましょう。

「収入証明」書類が必要のない金額のキャッシングであれば、基本的に身分証明書類のみ、たとえば社会保険証だけで申し込みができることになります。当然、高額の限度額を設定したカードローンを申し込むと結局、「収入証明」書類の提出を求められたりするので、できるだけ小額のキャッシング枠を心がけたいものです。

5万円とか10万円とかのキャッシング枠のカードローンであっても急場の必要には十分に役立つはずです。専業主婦たるものキャッシングのノウハウに長じるより、家計のやりくりに長じたいものです。とはいえ、社会生活の場が拡大している昨今の事情でさらに大きなキャッシング枠も必要になってくるかも知れません。

では、どうやってキャッシング枠を広げて、融資限度額を増額してもらうか。簡単にいってしまうなら信用度を上げることで可能です。つまりキャッシングを利用して順調に返済するという取引を継続することで、クレジットヒストリーを構築することです。手元のキャッシュで間に合うものを敢えてキャッシングして購入し、利息がつく前にキャッシング分を返済します。

こうすることで手数料を払うことなく、良好なクレジットヒストリーを構築することができます。金融業者はそのクレジットヒストリーを参照することで申込者の信用度を推定することになりますから、効果は抜群です。つまり一気に大金をキャッシングして信用度を作るのではなく、こまめな取引を繰り返すことで信用がつくことは人間同士の関係と何も変わる所はないのです。

専業主婦は消費者金融のキャッシングが利用出来るのか?

専業主婦は収入が有りません。家庭の中で家事を行っていて家事と言う仕事をしているわけですが、家事には給料と言うものは有りません。

所で、キャッシングはお金を借りる事です。家庭をやりくりしている主婦にとって出費がかさむ事で家計を圧迫してしまう事もあり、キャッシングを利用したいと言ったケースも在ります。

消費者金融はキャッシングの即日融資を行っている会社も多くあり、明日までにまとまったお金が必要になった場合などにも利用出来ます。

しかし、消費者金融はキャッシングの申し込み対象者として20歳以上、安定した収入と継続的な収入がある人を条件としています。そのため、収入が無い専業主婦はキャッシングの申し込みを行う事が出来ないのです。また、消費者金融は貸金業者ですので、総量規制が適用されます。総量規制は収入が無い人にお金を貸せない規制でもあるのです。

総量規制は、年収の3分の1以内での貸付は可能でも、年収の3分1を超える貸付を禁じしています。収入がゼロの場合は、年収そのものが有りませんので借入を行う事が出来ません。因みに、銀行は総量規制の対象外になっています。また、配偶者の年収を審査の対象として収入がゼロの主婦でも貸し付けが可能になっているのが特徴です。

尚、利用する場合は配偶者の年収を証明する証明書、配偶者の同意などが必要になります。また、キャッシングの申し込み書などには配偶者の会社の連絡先や会社名などを記載する事になりますので、無断で利用する事は出来ません。あくまでも同意を得た上で申し込みを可能にするという事です。

因みに、消費者金融は専業主婦はキャッシングの申し込みが出来ませんが、アルバイトやパートをしている主婦の場合は申し込みが可能になります。この場合も総量規制が適用されますので、年収の3分の1以内での貸付になります。扶養控除などを考えてパートなどをしている人が多いため、キャッシングが利用可能な額は少なくなりますが、収入を得ているという事でキャッシングの利用が可能になるのです。